« Accessibilityクラス | メイン | Booleanクラス »

Arrayクラス

メソッド 説明
Array.concat() 配列を連結し、新しい配列を返す。。
Array.join() 配列のすべての値をストリングに結合する。
Array.pop() 配列の最後の値を返し、配列からは削除する。。
Array.push() 値を配列の最後に追加し、配列の長さを返す。
Array.reverse() 配列の並びを逆にする。
Array.shift() 配列の最初の値を返し、配列からは削除する。
Array.slice() 配列の要素を抽出し、新しい配列として返す。
Array.sort() 配列をソートする。
Array.sortOn() 配列内のフィールドに基づいて配列をソートする。
Array.splice() 配列の値を追加、削除する。
Array.toString() Arrayオブジェクト内の値をストリングで返す。
Array.unshift() 配列の最初に値を追加し、配列の長さを返す。

プロパティ 説明
Array.length 配列内の値の個数を示す。

投稿者 oshige : 2005年05月11日 00:21