« リングフォーメーションの意味 | メイン | 雪が降るアニメーション »

ロールオーバーで再生と逆再生

この絵を見て「ん?」って思った人もいるでしょうね。ピンク色の表紙「FLASH ActionScriptスーパーサンプル集」の「03-1ロールオーバーで再生と逆再生」のサンプルです。
このサンプルを動作を同じままでスクリプトを書き換えてみました。サンプルは2個あって、1つはムービークリップシンボルにフレームアクションを書き込んだスタイル。もう1つはMovieClipクラスを拡張したPistonクラスをリンケージするスタイルです。

サンプル:
piston.jpg

スクリプトリストとflaファイルのダウンロードのリンクは「続き・・・」にあります↓

Pistonクラス:


class Piston extends MovieClip {
var rollover:Boolean = false;
//
//最初は停止から始める
//
function onLoad() {
stop();
}
//
//マウスカーソルがロールオーバーした
//
function onRollOver() {
//ロールオーバー開始
rollover = true;
onEnterFrame = animation;
}
//
//マウスカーソルがロールアウトした
//
function onRollOut() {
//ロールオーバー終了
rollover = false;
onEnterFrame = animation;
}
//
//フレームが進む度に実行
//
function animation() {
if (rollover) {
//次のフレームへ進む(最終フレームでは無視される)
nextFrame();
} else {
//手前のフレームに戻る(先頭フレームでは無視される)
prevFrame();
}
//先頭または最後のフレームに到達したらアニメーションを終了する
if ((_currentframe == 1) || (_currentframe == _totalframes)) {
//onEnterFrameイベントハンドラを消去する
delete onEnterFrame;
}
}
}

flaファイルとasファイルはココからダウンロードできます。→ダウンロード

投稿者 oshige : 2006年05月08日 14:40