(メインページへ)
正誤データ(3刷)

正誤データ(3刷)

p119

フレームアクション:methodTest2.flaの上から10行目に間違いがありました。varを取ってください。すみません。

誤:var centerObj.circle(x,y,r,d);
正:centerObj.circle(x,y,r,d);

個別リンク

p107

■イベントリスナーへの登録 5行目

誤:たとえば、ビルインクラスのMovieClipクラス
正:たとえば、ビルトインクラスのMovieClipクラス

個別リンク

p61

■フレームアクションが実行されるタイミング

誤:たとえば、フレーム5がキーフレームになっているフレーム5〜10の区間が再生される場合は、フレーム4からフレーム5に移ったとき、あるいはほかのフレームからこの区間にジャンプしてきたときに1度だけ実行されます。

正:たとえば、フレーム5がキーフレームになっているフレーム5〜10の区間が再生される場合は、ほかのフレームからフレーム5に移ったときに1度だけ実行されます。

個別リンク

p381〜p383

Tweenクラスのインスタンスをローカル変数imgTweenで保持していますが、この方法ではトゥイーンが最後まで行われないことがあるようです。トゥイーンが最後まで行われるように、imgTweenをインスタンス変数で宣言してください。これでうまくいくはずです。

p.381スクリプト 10行目に挿入
訂正前:
var imgHolder:MovieClip;

//コンストラクタ

訂正後:
var imgHolder:MovieClip;
var imgTween:Tween;

//コンストラクタ

----------
p.381スクリプト 下から10行目
訂正前:
var imgTween:Tween = new Tween(
訂正後:
imgTween = new Tween(

---------
p.382 1つ目の例:Tweenクラスでフェードイン
訂正前:
var imgTween:Tween = new Tween(
訂正後:
imgTween = new Tween(

---------
p.382 3つ目の例:水平スケールをトゥイーンする
訂正前:
var imgTween:Tween = new Tween(
訂正後:
imgTween = new Tween(

---------
p.383 1つ目の例:回転角度をトゥイーンする
訂正前:
var imgTween:Tween = new Tween(
訂正後:
imgTween = new Tween(

個別リンク | トラックバック