ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「GradientType」が付けられているもの

(section09-02 図形の塗りと線の塗りから抜粋)

 図形や線をグラデーションで塗ることができます。図形をグラデーションで塗るにはbeginGradientFill()、線をグラデーションで塗るにはlineGradientStyle()でそれぞれグラデーションの色やタイプを指定します。

書式:図形をグラデーションで塗る
beginGradientFill(type:String, colors:Array, alphas:Array, ratios:Array, matrix:Matrix = null, spreadMethod:String = "pad", interpolationMethod:String = "rgb", focalPointRatio:Number = 0):void

書式:線をグラデーションで塗る
lineGradientStyle(type:String, colors:Array, alphas:Array, ratios:Array, matrix:Matrix = null, spreadMethod:String = "pad", interpolationMethod:String = "rgb", focalPointRatio:Number = 0):void

 typeはグラデーションのタイプをGradientType.LINEAR(線状)またはGradientType.RADIAL(放射状)のどちらかで指定します。colorsはグラデーションする色の配列です。たとえば、赤から緑のグラデーションならば[0xFF0000,0x00FF00]、赤緑青の三色のグラデーションならば[0xFF0000,0x00FF00,0x0000FF]のように指定します。alphasはそれぞれの色のアルファ値を配列で指定します。ratiosはグラデーションの各色の開始位置を比率(0〜255)で指定します。2色のグラデーションで両端が指定色になるようにするならば[0,255]になり、最初は1色で後半からグラデーションを開始するようにするには[127,255]のように指定します。
 matrixではグラデーションの幅と高さ、平行移動、回転、縮尺などを変換マトリックスを使って指定します。変換マトリックスはMatrixクラスのインスタンスを作り、createGradientBox()、translate()、scale()、rotate()といったメソッドを利用して変換の値を設定します。
 spreadMethodはグラデーションの広がりをSpreadMethod.PAD、SpreadMethod.REFLECT、SpreadMethod.REPEATから選びます。focalPointRatioはグラデーションの焦点を決める値(-1〜1)です。

まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ