ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「IGraphicsData」が付けられているもの

(section09-03 Flash Player 10の新しいGraphicsメソッドから抜粋)

 drawPath()は描画コマンドと座標をセットにしてパスを描くメソッドですが、実際にはさらに線のスタイル、塗りのスタイルを組み合わせることで図形の描画が完成します。  drawGraphicsData()は、これらの描画に必要な値をgraphicsDataベクターにまとめ、drawGraphicsData(graphicsData)のように実行することで図形の描画を完成させることができます。
 次のHexagonクラスではdrawGraphicsData()を使って六角形の図形を描いています。スクリプトを見るとわかるように引数のgraphicsDataはstroke、fill、pathの3つの値が入っているベクターです(47〜49行目)。
var graphicsData:Vector.<IGraphicsData> = new Vector.<IGraphicsData>();
graphicsData.push(stroke, fill, path);
graphics.drawGraphicsData(graphicsData);
 stroke、fill、pathは、それぞれが線のスタイル、塗りのスタイル、描画パスを示すデータです。Hexagonクラスでは、これらの3つのデータをsetStroke()、setFill()、setPath()で作成しています。
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ