ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「URLRequest」が付けられているもの

Section14-02 テキストファイルの読み込み(p.408)のサンプルはちょっとややこしいので、フレームアクションで実行できるシンプルな例を紹介しておきます。

なお、1〜18行目までは読み込んだテキストデータを表示するためのテキストフィールドを作っています。あらかじめ作ってあるテキストフィールドに表示するならば、この部分は必要ありません。

UTFファイルを読み込む例を示していますが、Shift-JISのファイルを読み込む場合は24行目のSystem.useCodePageの値をtrueに設定します。

[:script:]テキストフィールドを作り、外部テキストファイルを読み込む
import flash.text.TextFieldAutoSize;
//テキストフィールドを作る
var fld:TextField=new TextField();
fld.x = 100;
fld.y = 50;
fld.width = 280;
fld.height = 180;
fld.border = true;
fld.multiline = true;
fld.wordWrap = true;
fld.autoSize = TextFieldAutoSize.LEFT;
addChild(fld);
//書式の設定
var tf:TextFormat = new TextFormat();
tf.size = 18;
tf.color = 0x333333;
fld.defaultTextFormat = tf;

//URLLoaderのインスタンスを作る
var txtloader=new URLLoader();
var urlReq:URLRequest=new URLRequest();
urlReq.url = "./data/sample_utf.txt";
//unicodeならばfalse
System.useCodePage = false;
txtloader.load(urlReq);
//読み完了イベントのリスナーを登録する
txtloader.addEventListener(Event.COMPLETE,completeHandler);
//リスナー関数
function completeHandler(eventObj:Event):void {
	//読み込んだテキストをフィールドに表示する
	fld.text = txtloader.data;
}

ファイル一式をダウンロードする
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ