ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「UVT」が付けられているもの

(section09-03 Flash Player10の新しいGraphicsメソッドから抜粋)

 図形にビットマップデータをテクスチャとして貼るには、各頂点がビットマップデータのどの位置になるかをUV座標で指定します。UV座標はビットマップデータの左上角を(0,0)、右下角を(1,1)とした比率で示す座標です。

fig09-03-10_shiji.jpg
 次のサンプルは三角形を描き、ビットマップデータの左上半分をテクスチャとして塗るスクリプトです。三角形の頂点の座標をvertices、描画する頂点番号をindices、そして頂点に対応するビットマップのUV座標をuvtDataで指定しています。ビットマップデータはビットマップシンボルをIMG_8268の名前でリンケージ書き出ししています。

[:script:]三角形にビットマップデータのテクスチャを貼る
var shape:Shape=new Shape();
//ビットマップデータで塗る
var bmpdata:BitmapData=new IMG_8268(0,0);
shape.graphics.beginBitmapFill(bmpdata);
//頂点の座標
var vertices:Vector.<Number>=Vector.<Number>([0,0, 320,0, 0,240]);
//三角形を描く頂点
var indices:Vector.<int>=Vector.<int>([0,1,2]);
//頂点のUV座標(0〜1)
var uvtData:Vector.<Number>=Vector.<Number>([0,0, 1,0, 0,1]);
//三角形を描く
shape.graphics.drawTriangles(vertices,indices,uvtData);
shape.graphics.endFill();
shape.x=50;
shape.y=50;
addChild(shape);

fig09-03-12.jpg

まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ