ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「clear()」が付けられているもの

(section09-01 基本的な図形を描くから抜粋)

 描いた図形や線を消すにはclear()を実行します。描画によるアニメーションを行うには、描画とclear()を繰り返します。
 次のサンプルは曲線の描き方で使ったcurveTo.flaを改良し、線を結ぶインスタンスをドラッグできるようにしたものです。インスタンスをドラッグすると、それに合わせて線が再描画されます(36〜45行目)。

fig09-01-16b.jpgswfを試す

[:script:]ドラッグできるインスタンスを直線と曲線で結ぶ
var shape1:Shape=new Shape();
var stageRect:Rectangle=new Rectangle(0,0,stage.stageWidth,stage.stageHeight);
//ステージに配置する
shape1.x=0;
shape1.y=0;
addChild(shape1);

//最初に線を引く
updateLines();

//頂点をドラッグできるようにする
pt1.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, onStartDrag);
pt2.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, onStartDrag);
ctrlPt.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, onStartDrag);
stage.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_UP, onStopDrag);

//ドラッグ開始
function onStartDrag(eventObj:MouseEvent):void {
	var mc:MovieClip=eventObj.target as MovieClip;
	mc.startDrag(false,stageRect);
	stage.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_MOVE,updateLines);
}

//ドラッグ終了
function onStopDrag(eventObj:MouseEvent):void {
	stopDrag();
	stage.removeEventListener(MouseEvent.MOUSE_MOVE,updateLines);
}

//ドラッグ中は再描画する
function updateLines(eventObj:MouseEvent=null):void {
	if (eventObj != null) {
		//ドラッグに合わせて画面更新
		eventObj.updateAfterEvent();
	}
	//描画を消す
	shape1.graphics.clear();
	//pt1-pt2の曲線を引く
	shape1.graphics.lineStyle(1,0x000000);
	shape1.graphics.moveTo(pt1.x,pt1.y);
	shape1.graphics.curveTo(ctrlPt.x,ctrlPt.y,pt2.x,pt2.y);
	//pt1-ctrlPtの接線を引く
	shape1.graphics.lineStyle(1,0x666666);
	shape1.graphics.moveTo(pt1.x,pt1.y);
	shape1.graphics.lineTo(ctrlPt.x,ctrlPt.y);
}
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ