ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「scaleX」が付けられているもの

(section04-01 イベントとイベントリスナーから抜粋)

 同じターゲットの同じイベントに対して複数のリスナーを追加するとどうなるでしょうか。次のスクリプトでは5行目でインスタンスf_mcのEvent.ENTER_FRAMEイベントにstepRotation()をリスナー関数として追加し、次の6行目でも同じくf_mcのEvent.ENTER_FRAMEイベントに今度はstepZoom()をリスナー関数として追加しています。この結果がどうなるかを予想すると、後から実行した6行目のaddEventListener()の設定が5行目のaddEventListener()の設定を上書きしていまい、Event.ENTER_FRAMEイベントではstepZoom()だけが実行されるようになるのではないかと思われます。
 しかし、実際にはEvent.ENTER_FRAMEイベントではstepRotation()とstepZoom()の両方のリスナー関数が実行され、両者の動作が組み合わさったアニメーションになります。すなわち、stepRotation()によって回転し、stepZoom()によって伸縮とアルファ変更を繰り返すアニメーションになります。

[:script:]同じイベントに別のリスナー関数を重ねて追加する
//stepZoomで比率を変化させるための角度
var degree:int;

//同じイベントに別のリスナー関数を重ねて追加する
f_mc.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, stepRotation);
f_mc.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, stepZoom);

//回転させる
function stepRotation(eventObj:Event):void {
	f_mc.rotation+=2;
}

//伸縮とアルファ変更
function stepZoom(eventObj:Event):void {
	degree=(degree+2)%360;
	//回転角度で比率を変える
	var ratio:Number=Math.abs(Math.sin(degree*Math.PI/180));
	//伸縮
	f_mc.scaleX=f_mc.scaleY=1+9*ratio;
	//アルファ変更
	f_mc.alpha=Math.max(0.02,1-ratio);
}
fig04-01-04b.jpg
回転と伸縮の複数のリスナー関数の動作が組み合わさったアニメーションになります。→swfを試す

 stepZoom()では17行目で比率ratioの値を作っています。sinの値は繰り返しでdegreeに2度ずつ加算され-1〜1のサイン波になり、Math.abs()によって絶対値0〜1で変化する値になります。
 19行目のscaleX、scaleYはインスタンスの横方向、縦方向のスケールを示すプロパティで、1のときが等倍です。この設定値を1+9*ratioで計算しているので、スケールは1倍〜10倍で変化します。21行目のalphaはインスタンスのアルファ値を示すプロパティで、0が透明、1が不透明の0〜1の範囲の値です。この設定値を1-ratioの計算で設定値を変化させ、完全な透明にならないようにMath.max()を使って最低値を0.02に制限しています。
(section07-01 表示オブジェクトの追加から抜粋)

 次のサンプルではクリックした位置に花のインスタンスを作ります。先のサンプルと同じように表示するフレームとスケールはランダムに決めています。インスタンスの座標は6〜7行目でクリックした座標に設定しています。クリックした座標はMouseEvent.MOUSE_DOWNイベントの引数のイベントオブジェクトのstageX、stageYプロパティで取り出せます。
fig07-01-08b.jpgswfを試す

[:script:]クリックした位置にインスタンスを作る
1	stage.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, newFlower);
2	//クリックでインスタンスを作る
3	function newFlower(eventObj:MouseEvent):void {
4		var flower_mc:Flowers=new Flowers();
5		//クリックした座標に表示する
6		flower_mc.x=eventObj.stageX;
7		flower_mc.y=eventObj.stageY;
8		//スケールを0.8〜3.8の間でランダムに決める
9		var scale:Number=0.8+3*Math.random();
10		flower_mc.scaleX=flower_mc.scaleY=scale;
11		//表示するフレームをランダムに決める
12		var frame:uint=1+Math.floor(flower_mc.totalFrames*Math.random());
13		flower_mc.gotoAndStop(frame);
14		//ステージに表示する
15		addChild(flower_mc);
16	}	
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ