ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「toString()」が付けられているもの

(section03-01 Arrayクラスの配列から抜粋)

 配列の値の並びをストリング値にするには、toString()、join()のメソッドが利用できます。たとえば、["black","white","yellow"]というcolors配列があったときcolors.toString()は"black,white,yellow"という1つのストリングを作ります。toString()を実行しても元のcolors配列は変更されません。
 配列をストリングにする必要があるのは、配列の並びをテキストフィールドに表示するといった場合です。

[:script:]フィールドに配列の値を入れる
var colors:Array=["black","white","yellow"];
colors_fld.text=colors.toString();
fig03-01-01.jpg
 配列とストリングを連結するだけで、配列の値の並びは強制的にストリングに変換されます。元のcolors配列は変更されません。

[:script:]フィールドに配列の値を入れる
var colors:Array=["black","white","yellow"];
colors_fld.text="色は「"+colors+"」です。";
fig03-01-02.jpg
ストリングに変換する際に区切り文字を置換する
 join()は配列をストリングに変換する際に区切り文字を「,」ではなく指定の文字に置換します。次の例は区切りを「または」に置換しています。

[:script:]区切り文字を「または」に置換してストリングに変換する
var colors:Array=["黒","白","赤"];
var msg:String=colors.join("または");
trace(msg);//出力:黒または白または赤
 区切りを""にすれば、配列の値を1つのストリングに連結できます。

[:script:]区切り文字を取り除いたストリングに変換する
var colors:Array=["黒","白","赤"];
var msg:String=colors.join("");
trace(msg);//出力:黒白赤
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ