ActionScript 3.0入門ノート CS4でタグ「unshift()」が付けられているもの

(section03-01 Arrayクラスの配列から抜粋)

 push()が配列の最後に値を追加するメソッドなのに対し、unshift()は配列の先頭に値を挿入し、挿入後の配列の長さを返すメソッドです。同時に複数の値を挿入することもできます。
 次の例は最初に["red","yellow"]のcolors配列を作り、色を先頭に挿入しています。挿入結果の値の並び順に注目してください。

[:script:]配列の先頭に値を挿入する
var colors:Array=new Array("red","yellow");
//値を先頭に挿入する
colors.unshift("black");
var cnt:uint=colors.unshift("white","gray");
trace(cnt);//出力:5
trace(colors);//出力:white,gray,black,red,yellow
 逆にshift()は配列の先頭の値を抜き取るメソッドです。shift()で値を抜き取ると先頭の値が配列から削除されます。
 次の例はcolorsから先頭の色を抜き取っています。firstColorには先頭の値の"red"が入り、元のcolorsからは先頭の値が削除されて["yellow","black"]の2色になります。

[:script:]配列の先頭の値を抜き取る
var colors:Array = new Array("red", "yellow", "black");
var firstColor:String = colors.shift();
//取り出した値
trace(firstColor);//出力:red
//元の配列からは先頭の値が取り除かれている
trace(colors);//出力:yellow,black
まったく新しいAS3の世界!
694a.jpg
Adobe Flash CS4
詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

楽しいActionScript。
新たなる1歩へと踏み出しましょう。
■内容は?→ 目次を見る
■評判は?→ 書評を読む
この本を書いたわけ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

あわせて読みたいブログパーツ