トラウマ恋愛映画入門

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

トラウマ恋愛映画入門 (集英社文庫) 文庫 - 2016/9/16 町山 智浩  (著)

22本の恋愛映画について書かれています。「子どもの頃テレビで偶然見てしまって、なんなのこれ?わけわかんない、でも忘れられない、嫌〜な感じ」な映画を大人が解説しよう!という本だと思って読みました。

・最大のホラーは男と女の間にある
 「赤い影」Don't Look Now
子どもの頃に偶然テレビで見て、訳が分からなかった映画、ホラーにしては変だし何なのこれ?でも忘れられなかった「赤い影」。町山さんの解説でやっとわかったよ!この映画に出てくる女の人みんな頭おかしい、主人公のイライラわかるーと思っていたわたしはやはり男性脳?父親からの訓練により何事も理性で打破しようとする癖(頭でっかち)で封印しているけど、本当は怖がり(感受性が強いとも言う)。これって恋愛映画だったんだー、はー。

・愛は勝ってはいけない諜報戦である
 「ラスト、コーション」Lust, Caution
ポッドキャストで町山さんが大オススメだったので、後にテレビで放送されたときに見たが、聞いていた内容とちがう。。。と思ったくらいわからなかった。今回文章で読んで、そうだったの?と納得。。。いやまた映画を見たらやっぱりちがうと思ってしまうかも。

・認知症の妻に捧げる不実な夫の自己犠牲
 「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
妻が認知症になってしまった老夫婦の話。認知症になった義母と、義父の関係を見ていて、いろいろ思うところがあった。義母に代わって義父が家事を担当するようになって、夫婦の領分のバランスが動き、義父の本来の好みやスタイルが徐々に封印が解けて出てくるのを見たり(わたしは義母から「この家」のやり方を教えられたので頑なにそれを通すものと思っていたので、驚いたというか、感慨深かった)。元は他人同士の夫婦が一緒に暮らすというのは大変なこと。